キャバクラの営業時間ってどんな感じ?

キャバクラって真夜中も営業してるイメージありますよね?未経験者がよく勘違いしてるところなんだけど、実はキャバクラは、深夜の0時までしか営業しちゃいけないんですよ。
これは法律で決まってること。だからもし、深夜の1時とか2時とか過ぎても営業してるお店があったら、それは法律に違反してるお店だって思っておくべきです。
繁華街とか歓楽街のある地域だと、条例で午前1時まで営業OKってなってるエリアもあるけど、これが限界。それ以上の営業はできません。

お店の営業がそんな感じになってるってことは、キャバ嬢の勤務時間も0時から1時までってことになりますね。
ただ、そこからお客さんを見送ったり、ちょっとした片付けをしたり、場合によっては反省会みたいなのがあることもあるし、着替えたり帰り支度をしたりもすれば、実際にお店を出るのは2時とか3時とかになっちゃうこともあります。

かなり遅く感じるかもしれないけど、それがナイトワークだから。キャバ嬢になったら、当たり前って感じですね。

お客さん次第では営業時間が延長することも

お店そのものは0時か1時か、決まった時間までしか営業できないけど、その時間にすんなり帰ってくれるお客さんばかりじゃありません。
お客さんもお酒が入ってるから、気分も高まっちゃってて、そんな人に「閉店時間だからもう帰って」って言っても聞いてくれないんですよね。

お客さんによっては、お店が閉まった後も対応しなくちゃいけなくなります。お店の営業は終わってるんだけど、店内で少し飲み物を飲んだりとか、おしゃべりしたりとか、そういう時間があることも少なくないです。
となると、キャバクラ嬢の帰りの時間が、さらに遅れることになっちゃうわけです。

キャバ嬢って接客業だし、ここでお客さんを無理やり帰そうとすると、お得意様を失うことにもなりかねないので、対応が難しいところなんですよね。

勝手に上がることはNG!指示を待ってから帰り支度をしよう

お店が閉まったからって、勝手に帰っちゃうのはNGですよ。お客さんがまだいることもあるし、店長さんとかマネージャーさんとかと話をしなくちゃいけないこともあるし、それを無視して自分だけ帰宅するのは絶対にダメ!
シフトには0時までとか1時までとかなってるかもしれないけど、それはあくまでもお店の営業終了までの時刻ってことで、その時間になったらサッサと帰っていいっていうワケじゃないんです。

「もう上がっていいよ」とか「お疲れさま」とか言われたら、帰り支度に入るようにしてください。
お客さんが残っていたとしても、キャバ嬢を気遣って、「あとはやっておくから、帰っていいよ」って言ってくれる店長さんもたまにいます。
どちらにしても、ちゃんと指示が出る前に勝手に帰るのは、お店にも迷惑がかかることになるので控えておきましょう。

まあ、このあたりは実際に働いてみれば空気感とかでもわかるはずなので、よほど自分勝手な女の子じゃない限りは大丈夫ですよね。

終電逃しても大丈夫!送りありとは?

営業時間は深夜までって言っても、帰り時間はそこから1時間後とか2時間後とかになっちゃうこともあります。その理由は説明した通りです。

「そんな遅い時間にお店を出ても、終電がないから帰れない…」って心配しちゃって、キャバクラ嬢やろうかどうか迷う女の子もいるみたいだけど、その心配はいりません!
ほとんどのお店では、『送り』を用意してくれてるんですよ。

キャバクラの求人に「送り有り」とか「送迎あり」みたいに書かれてることがあります。
これは、終電を逃してしまった女の子を車で自宅まで送ってくれるサービスのこと。福利厚生の一環ですね。
交通機関を使わなくても帰れるから、疲れてる仕事終わりには本当にありがたい!車に乗ってウトウトしてる間に、気がつけばおうちに着いてますからね。

深夜までガッツリ働くつもりなら、「送り有り」って求人に書いてるお店を絶対に選ぶようにしましょう!