キャバクラの面接ってどんなことを確認される?

就職でもアルバイトでも、面接は準備次第で結果が変わってきますからね。予習しておくべきですよ。
キャバクラの場合はルックスが重視されるのはもちろんだけど、いろいろと質問もされて、その答え次第で合格か不合格かが決まるケースも少なくないです。

ざっと、キャバの面接で確認されることを並べてみましょうか。

・キャバクラ嬢の経験は?
・なぜキャバクラ嬢に?その動機は?
・1日に何時間・週に何日働ける?
・月にどのくらい稼ぎたいの?お給料の使い道は?
・お酒は飲めますか?飲める種類・飲めない種類は?
・彼氏はいる?結婚は?
・なぜこのお店を選んだの?
・周りにキャバ嬢やってる子はいる?

絶対ではないけど、このあたりの確認はほぼどのお店でもされますね。

こういう質問でお店側が何を知りたいのかっていうと、やる気と素質です。
特に重要視してるのは『やる気』。これがないとすぐに辞めちゃうし、仕事覚えるのも遅いですからね。
多少見た目が良くなかったとしても、やる気が強かったら、「しょうがない、働かせてみるか」ってなってくれますよ。

予備知識として用意しておくこと

キャバクラの面接って、よほどの高級店だったり、よほどヘマしない限りは大体受かるんだけど、それでも不安だっていう子は合格のための予備知識を持っておくべきです。
それを、私が教えてあげますね。

・求人は細かくチェックしておくこと
・服装とメイクで合格率はアップする
・面接直後に体験入店がある場合あり

最初の求人に関してだけど、これは面接を受けるお店の情報を予備知識として頭に入れておきましょうってこと。
時給額とか福利厚生とかを頭に入れておくことで、求人に書かれてることと店長さんの言っていることに違いがないかをその場で判断できるんです。もし違いがあれば、「あれ?このお店おかしいかも」って思えますよね。

服装とメイクによって合格率は変わるし、お店の雰囲気に合ってるってことも大事になってきますよ。ここも頭に入れて準備しておきましょう。
もし面接直後に体験入店があるなら、そのための準備もしておくとスムーズにお仕事を始められます。心の準備も含めて整えておいてください。

嘘も方便?本当のことばかり言っては受からない

面接では、店長さんに聞かれたことに素直に真面目に、できるだけ嘘をつかずに答えるのが基本です。
嘘って、後で必ずバレますから。
でも本当のことばかり言っていると、それが合格のための足かせになることもあります。

例えば、「彼氏はいる?」という質問に対しては、もしいたとしても、「今はいません」って嘘をついても別に問題はナシ。こんなの仕事に対して影響はないですから。
お給料の使い道も、別に嘘をついてもOK。「借金の返済のため」って答えるよりも「オシャレが好きなので、そのために使う予定です」って答えた方が印象がいいでしょ?

お仕事をするにあたって別に大した影響がない場合には、嘘をついてもいいんです。大事なのは、その面接で好印象を残して合格することなんですから。

合格しても油断大敵!キャバ嬢としてスタートライン立てただけ!

面接に合格したら、いよいよキャバクラ嬢として働き出すことができます!でも、それでキャバクラ嬢としての成功が約束されてるわけではありません。
面接後には体験入店もあるし、もし「面接突破したから、もう大丈夫だよね」なんて油断して仕事に手を抜けば、体入の後に「うちには合わないかも」なんて店長さんに言われて一転不合格になっちゃうことだってあるんです!

体入を無事終えて本入店を果たしたとしても、やっぱり油断は禁物。
キャバ嬢の平均時給は3,000円とか4,000円とかだけど、売り上げが全く上げられない子は、時給1,000円台まで落ちちゃうこともあります。
これじゃ、夜のお仕事をしている旨味がないですよね?

そうならないために知っておきたいキャバクラ嬢が持っておくべき予備知識は、すべてこのサイトに詰め込んでます。他の記事には、例えば体験入店に関してとか、キャバ嬢の仕事内容とか、売れるためのポイントとか、キャバ嬢に必要なテクニックなんかもまとめてあるから、ぜひチェックしてみてください。そして、参考にしてください。

このサイトを知らない人よりは、確実に売れるキャバ嬢になることができますよ!