キャバ嬢1日の仕事の流れ

ここで教えるのは、具体的なキャバクラ嬢のお仕事の流れですね。これもあんまり細かく書くと何十項目ってなっちゃうんだけど、大事なことを抜き出して並べてみるので、参考にしてください。

1.出勤…時間に遅れないように出勤します。同伴出勤ならお客さんと一緒に出勤です。
2.待機…着替えて、お客さんが来たりボーイに呼ばれるまで待機です。この間に営業を行うこともあります。
3.接客…お客さんが来たらテーブルにつきます。
4.お酒を造る…お客さんの要望を聞いてお酒を用意します。
5.会話…お客さんと楽しくトークを繰り広げます。
6.売り込み…会話の中で自分を売り込みます。指名してもらったり延長してもらったりなどの交渉ですね。
7.おねだり…ボトルを入れてもらったりなど、おねだりをします。これも交渉の一つ。
8.タバコに着火&灰皿の交換…会話の途中でも、これは常に気にしておかないといけないことですね。
9.連絡先交換…必要に応じて名刺交換をしたりメアドやLINEのIDを交換します
10.お見送り…帰るお客さんを見送ります。

これが1人のお客さんに対してのお仕事の流れになるので、その日全体の仕事として考えると、これを何人かのお客さんに対して繰り返すことになるわけです。
途中で別のテーブルに移って他のお客さんの相手をすることもありますよ。

では、この先は、お仕事の流れの中で少し触れてる「待機」と「お酒造り」と「交渉」について詳しく説明していきますね。
お仕事の中でもとても重要なポイントになるので、ちゃんと最後まで読むようにしてください!

待機の態度が悪いとペナルティ?

お客さんがお店に来てボーイにテーブルへ案内されたら、そこで初めてキャバクラ嬢が同じテーブルについて接客を始めます。

その時に指名されなかったりヘルプとしても呼ばれない女の子は基本、裏で待機することになります。表で待機するお店もあるので、そこは店舗ごとのルールに従いましょう。

大事なのは、この待機してる時の態度。裏での待機であっても、営業以外でスマホをいじってたりすれば、ペナルティの対象になっちゃうこともあるんです。
表の待機だったらスマホはさすがにいじれないけど、だるそうにしてるとお店のイメージダウンにもなるので、これもペナルティの対象になることがありますね。

判断基準やペナルティの大きさっていうのはお店ごとに違うけど、待機中の態度が悪いとただただ印象が悪くなるだけだから、出勤したらお店を出るまでは真面目にお仕事と向き合うべきですよ。

お酒を造る時や接客する時のマナー、気を付けるべきこと!

お酒を造るのって慣れてないと確かに難しいけど、これはキャバ嬢の大事なお仕事の一つなので、早めに身につけないとダメですよ。

・お客さんの好みを聞く
・教えてもらったお酒の造り方の基本を守る
・お酒造り中も無言にはならない
・万が一こぼしてもお客さんにかからないように、自分の目の前でお酒を造る
・お客さんに興味を持つ

接客時のマナーや注意点を挙げるとキリがないけど、お酒の造り方も含めたマナーや気をつけるべきことを挙げると、こんな感じになりますね。

お客さんごとに好きな濃さや量が違うので、それはちゃんと確認しましょう。
お酒の造り方自体は覚えればすぐにできちゃうけど、マドラーは時計と逆の方向へ回すとか細かいルールもあります。これも守らないといけません。

何よりもお客さんに興味を持つことですね。「同じのちょうだい」って言われてるのに、「あれ?水割りでしたっけ?」とか聞くと、興味がないと思われちゃうので接客マナー的にはNGだし、話の内容もちゃんと聞かないと噛み合わなくて、「俺に興味ないのか?」と思われちゃうので、とにかくお客さんに興味を持ちながら接することがポイントですよ!

ボトル交渉や延長交渉で交渉技術を身につける

キャバ嬢が接客の中で行う交渉ごとはいくつかあります。

・指名交渉…指名してもらうための交渉
・ボトル交渉…ボトルを入れてもらうための交渉
・延長交渉…延長してもらうための交渉

この3つは代表的なもので、キャバ嬢が売り上げとお給料を上げるためには欠かせないものになるんです。

直接的な交渉よりも、少し遠回しに、でも確実に伝わるような交渉の仕方が求められます。
あからさまだと断られちゃうんですよね。人間ってそういう風にできてるので、上手に交渉しないと相手も応じてくれません。
しつこい交渉もNGですよ。次から別のキャバ嬢のところに行っちゃう可能性が強くなりますから気をつけてください。

たくさん交渉を試みるのは本当に大事!成功も失敗もあるけど、これを繰り返して交渉技術を身につけていくんです。
交渉技術が身につけば、そこからのお給料の上がり方はスゴイですよ!No.1への道も夢じゃありません。